株式会社 サンライト
株式会社 サンライトはソーラー自発光システムによるLEDライトを開発しています。
株式会社 サンライト
É\Å[ÉâÅ[é©î≠åıÉVÉXÉeÉÄÇ∆ÇÕ
êªïièÓïÒ
導入事例
âÔé–äTóv
ó«Ç≠džÇÈÇ≤éøñ‚ お問合わせ サイトマップ Go to EN site.
良くあるご質問:詳細説明ページ
* アモルファスSi太陽電池と単結晶Si太陽電池の比較
  1. 変換効率(光を電気に変える効率)についての比較
    (1000W/m2=>自然環境下では快晴時に相当)
    アモルファスSi太陽電池6〜7%単結晶Si太陽電池13〜19%
    (アモルファスSiに比べておよそ2〜3倍)
  2. 対照度リニアリティー
    アモルファスSi太陽電池5000ルクス程度の低照度までリニアリティーがある。
    (変換効率が殆ど低下しない)
    単結晶Si太陽電池20000ルクス程度でリニアリティーが崩れるものが多い。
    (低照度での変換効率が悪い)
    ……低照度環境下でアモルファスSi太陽電池の方が変換効率が逆転する場合がある。
    又低照度での出力が保証できる。
  3. 一般的な太陽電池の対照度特性
株式会社 サンライト - 説明図 図1.で解かるように出力電流が照度によって大きく変ります。
「対照度リニアリティー」は出力電流に大きな影響を与えます。
株式会社 サンライト - 説明図 図2.低照度ではアモルファスの方が効率が良い場合があります。
(アモルファスは特性が安定している)
  • 晴天時に変換効率が高い単結晶Si太陽電池と、曇天時など低照度でも出力電流がある程度得られるアモルファス太陽電池のそれぞれの特徴を活かす必要があります。
  • 電圧/照度の関係は、アモルファスは1セルあたり高照度Pmaxで0.6V程度、低照度で0.5V程度です。
    また、単結晶Siソーラーは高照度で1セルあたり0.5V程度、低照度で0.3V程度ですがバラツキが大きくなります。
* 充電時間短縮の工夫

キャパシター特有の充電特性に対して主に以下の回路構成で充電時間短縮を図っています。

株式会社 サンライト - 説明図 図3.充電電圧が低いときは太陽電池を並列にて充電し大きな電流で充電させる工夫がなされています。
株式会社 サンライト - 説明図
* 採用しているフォトセンサーの特性について
株式会社 サンライト - 説明図 図5.採用のフォトセンサーは人の目の感度に極めて近い。
* 埋め込み型自発光製品の防水構造
株式会社 サンライト - 説明図

解説:
埋め込み型商品は使用される環境上、上下ケースの膨張、収縮、ねじれなどお互いの挙動が異なります。
図6.に示す接着剤挿入溝には弾性耐候性接着剤を充填し、上下ケースの横方向の動きに対して緩衝効果を持たせています。
急激な温度変化や上下ケース間の温度差などにより、上下ケースはそれぞれ異なるねじれ方向の動きとなり、かん合部は接着剤による接着力だけではかん合界面が破壊されることになります。
従って上下ケースの機械的な係止は重要となります。
機械的係止の方法として、上記のような突起/溝はめ合いと、ネジによる係止の2つの方法を適宜選定して採用しています。

* キャパシターの定格電圧と容量の関係

株式会社 サンライト - 説明図




Å©
Å™
Å™


É\Å[ÉâÅ[é©î≠åıÉVÉXÉeÉÄÇ∆ÇÕ
êªïièÓïÒ
導入事例
âÔé–äTóv
ó«Ç≠džÇÈÇ≤éøñ‚ お問合わせ サイトマップ Go to EN site.
株式会社 サンライト
株式会社 サンライトはソーラー自発光システムによるLEDライトを開発しています。
株式会社 サンライト
Copyright (c) SUNLIGHT, Inc. All Rights Reserved.